•  1
  •  2
  • コメント  読み込み中


    継母がその朝、継母ペレーラで目玉焼きの作り方を教えてくれた後 パート 1: 継母の優しさを利用する。 「今日、母はアリエラ・フェレーラが何度も私を洗濯室に呼んでいるのを無視しました。彼女は私に腹を立て、叱り、自分はメイドではないと言いました。すでに洗濯機に服を入れていたのに、ただ取り出すだけでした。乾燥するだけです」でも、私はまだそれをするのが面倒です。母は私を叱り、将来的には自立して自分のことは自分でできるように、洗濯の仕方を教えてくれました。母は、洗濯の際に色がついた服と白い服が色が付かないように、私のブリーフを脱いでくれました。洗濯機は再び衣類でいっぱいになり、私たち二人は母の指示を続けるまで待たなければなりませんでした。待っている間、母はとても興味深いアイデアを思いつきました。